プロフィール

ホーム > プロフィール

プロフィール

講師プロフィール

島田さつき(しまださつき)プロフィール写真

島田 さつき(しまだ さつき)1965年1月生まれ。

東京品川生まれ世田谷で育つ。東京都調布市在住。

  • (公社)日本アロマ環境協会 認定アロマテラピーアドバイザー
  • (公社)日本アロマ環境協会 認定アロマテラピーインストラクター
  • (公社)日本アロマ環境協会 認定アロマセラピスト
  • (公社)日本アロマ環境協会 認定アロマブレンドデザイナー
  • (公社)日本アロマ環境協会 認定環境カオリスタ
  • (社)生涯学習セルフ・カウンセリング®学会 指導会員
  • NPO法人セルフ・カウンセリング®普及協会 会員
  • バッチ国際教育プログラム レベル1修了
  • (社)全国心理連合会 上級プロフェッショナル心理カウンセラー
  • アロマテラピー研究室 理事
  • (社)国際アロマセラピー科学研究所 研究会員
  • カウンセリング&アロマテラピーアロマシオン aromasion 主宰
  • セラピスト・カウンセラー支援 web制作 ホームページセラピー

↑ ページの上へ戻る

ごあいさつ

はじめまして、アースシオンの島田さつきです。

幼少期から身体の弱かった私は、よい香りで健康にも役立つアロマテラピーに魅せられ、アロマサロン開業を経て、講師をするようになりました。

心と体のバランスの大切さを知り、アロマ・心理カウンセリング・"気"を使う手当ヒーリングや自然療法を取り入れた、心も体も健康になる、アロマとカウンセリングの融合を目指しました。

アロマとの出会い、そして今、生きるために大事にしたいこと。

みなさまへのメッセージをご覧ください。

フレグランスとの出会い

子どもの頃、家に母のシャネルNo.5がありました。

これが香りとの初めての出会いだったと思います。

母の香水のなかでも、私の一番のお気に入りはカネボウ「五月の森」。

「火の鳥」のパヒュームパウダーも大好きでした。

その香りのふたを開くと、何とも心地よい気分になったことを憶えています。

甘い誘惑プワゾン

プワゾン

大人になってからも、香りの心地よさを求めて、色々な香水を楽しんでいました。

その中でも、長いこと手離せなかったのは、クリスチャンディオールのプワゾン。

1980年代、世界的に大ヒットした名香です。その甘く深い香りは、多くの人々を魅了しました。

私もその一人でしたが、ヨーロッパの風土に合わせたこの香りは、湿度の高い日本では、まとわりつくような重々しさがあり、きつくて嫌がる人もしばしば。

私自身も、その重く強い甘さの香りに少々戸惑いつつ、毎朝使い続けました。

フレグランスの香りからアロマテラピー

プワゾンを使っていた本当の理由は、一日の仕事を終え、眠る前のバスタイムにありました。

シャンプー前にシャワーで髪を濡らすと、プワゾンの残り香であるサンダルウッド(白檀)の香りに包まれました。

何とも甘く、落ち着く幸福な香り。嫌なことも不安も全て洗い流し、一日の疲れを癒すかのよう…

この一瞬を味わうだけのために、毎朝、使い続けていたといってよいかもしれません。

まだ、アロマテラピーという言葉も知らない時代でした。

私は知らずしらずに、プワゾンの香り(アロマ)を使って、癒し(セラピー)の時を手に入れていたのでした。

香りの魔法に魅せられて

その後、自分の好みのフレグランスを求めて、フレグランススクールに通うことになりました。

子どもの頃、成城の雑貨店で買った、今となっては名前もわからない香りを再現したかったのです。

スクールでのさまざまな香りとの出会いは、とても新鮮なものでした。

花や樹木、動物から摂った香りの元から、その組み合わせによって魔法のように変化していく香り。香りの奥の深さに、ただただ驚くばかりでした。

アロマジュエリーとアロマレスキュー

その講座の中で、私は初めてアロマテラピーで使う精油(エッセンシャルオイル)と出会いました。

凛とした命の力強さを持つ香りに、合成香料とは違う魅力を感じました。

合成香料のフレグランスは、香りの魔法を持つジュエリーボックス(宝石箱)。

エッセンシャルオイル(精油)は、疲れた心とからだを癒すレスキューボックス(救急箱)。

アロマテラピーをだんだんと知るうちに、これが、私の求めていたものだと確信しました。

アロマテラピー…先人の知恵をあなたに

プワゾン

好きな香りを用いながらも、精神的にも肉体的にも働きかけるアロマテラピー。

私は、幼い時、身体も弱く、メンタルが影響するという喘息に悩まされ、大人になってからも、健康に自信がない日々を送っていました。

アロマテラピーの世界は、香り好きでもある、私のニーズを充分に満たすものだったのでした。

その後、アロマテラピーを独学で始め、資格を取得しサロンを開き、講師になりアロマテラピーを学びたい方の応援をしています。

アロマテラピーの魅力を、アロマを使った先人の知恵を、多くの人に知ってほしい…

あなたもアロマテラピーの世界に触れてみませんか。

脳を刺激し、楽しくわかる役立つ講座

講座では、アロマテラピーだけにとどまらず、心や身体の健康・食、思考の影響など、日々の生活のための学びをモットーにしており、「楽しくてわかりやすい」と評判です。

担当したインストラクターやセラピストクラスでは、健康学や解剖生理学等、看護師の方でも不安になるほどの内容の試験の合格率がなんと97%。

脳は楽しくワクワクすることが大好き。苦しいと記憶に結び付きません。難しくても、学ぶ意欲が高まる講座を行っています。

自分を大切にするということ

長い間会社員をしていたことから、現代人はストレスフルで、心理面が身体の健康を左右することを実感。

現代人は、整った環境、医療などに守られて、一見、命の危険がすぐそこにあるとは感じません。

けれども、精神疾患や原因不明の治らない病。それらはどんどん増える一方です。

私たちは、目に見える所だけで、自分の健康は保たれているような錯覚を起こしてしまいがちです。

ちょっとした頭痛、抜けない疲労感、痛み。治りきらない皮膚病。これらは身体からのサインで、少しでも死に傾いている自分の細胞からのお知らせです。

心理ストレス、環境ストレスは、身体を少しずつ蝕んでいくもっとも注意しておきたい要因。

にもかかわらず、現代人の生活は、見た目のおしゃれや美容、美味しいものには力を注ぐのに、

身体や心のメンテナンスをして、命を守ることは二の次。

このままでよいのでしょうか?

身体のこと、心のこと、自分を本当に大切にするということ。

それらを知って自分自身で自分の命を守ってほしい。これが私の心からの願いです。

心に働きかけるアロマテラピーと自然療法、カウンセリングの方法など、みなさまに知って活かしてほしいと願っています。

↑ ページの上へ戻る

経歴

1983年 (株)東邦システムサイエンス 入社

1996年 (社)生涯学習セルフ・カウンセリング® を学び始める

1998年 フレグランススクールへ通学し精油を知る

2000年 アロマテラピー検定2級合格

2001年 アロマテラピー検定1級合格

2001年 セルフ・ヒーリング("気"を使った自己手当と他者手当)学習開始

2003年 (株)東邦システムサイエンス 退職

2004~05年 アイムパーソナルカレッジ カウンセラークラス通学

2004~06年 他カウンセリングスクール、カウンセリング自主グループなどに通学

2004年 アロマ初心者講座を始める

2004年 カウンセリングスクールのクラスメイトとの交流サイト制作する

2005年 (公社)日本アロマ環境協会認定アロマテラピーアドバイザー取得

2005年 (公社)日本アロマ環境協会認定アロマテラピーインストラクター取得

2006年 アロマ&カウンセリングの融合を目指しセラピー&サロンの「アロマシオン」を開業。

2006年 セルフ・カウンセリング® 基礎科修了/講師養成科 開始

2006年 セラピスト・カウンセラー支援カウンセリング付サイト制作「ホームページセラピー」開始

2008年 (公社)日本アロマ環境協会認定アロマセラピスト 取得

2008~12年 水天宮のAEAJ認定校アストレア アロマスクールの主任講師を務める

2012年 調布市にAEAJ認定教室アースシオン開校

2012~14年 横浜のAEAJ認定校ル・プチ・アルシェ講師を務める(2014年に校長兼任)

2014年 (社)全国心理業連合会 上級プロフェッショナル心理カウンセラー取得

2015年 アロマテラピー研究室(故・高山林太郎創設)に参画

2016年 トップセラピストカレッジ講師を務める

2016年 (公社)日本アロマ環境協会認定アロマブレンドデザイナー取得

↑ ページの上へ戻る