アロマテラピーとは?

ホーム > アロマテラピーとは?

アロマテラピーとは?

アロマテラピーとは?

アロマテラピーという言葉は、1928年、フランスの化学者(香料を扱う調香師)ガットフォセ氏がエッセンシャルオイル(精油)を使った植物療法を、アロマテラピー(アロマ=芳香、テラピー=療法)と名づけたことがはじまりといわれています。

アロマテラピーに使うエッセンシャルオイル(精油)は、植物の花、葉、果皮、樹皮、根、種子、樹脂などから抽出した天然の素材です。

エッセンシャルオイル(精油)は、植物が持つ平均100種類くらいの化学成分でできています。

人々が、植物から抽出した成分を利用していた歴史は古く、新約聖書にも登場し、香りを持つ成分を用いたエピソードは、皇帝ネロやクレオパトラ、楊貴妃のお話などにも登場します。

香りの分子は、嗅覚から吸収され、リラックスやリフレッシュといった心理作用をもたらします。

また、香りの化学成分は、皮膚や粘膜などを通じて、鎮痛、ホルモン調整や免疫調整などの身体作用を持ち、皮膚の引締め、保湿といった美容面でも利用されています。

この化学成分は、植物自身が身を守る防衛の物質であるため、抗菌、抗ウイルス、虫除けなどの目的でも使用することができます。

↑ ページの上へ戻る

アロマテラピーと脳の関係

アースシオン アロマテラピーと脳の関係

アロマテラピーは、脳に素早く働きかけ、タッチング・トリートメント(施術手技)によってより高いリラックスを得て、バランスを取戻し自然治癒力を高めていくセラピーです。

アロマテラピーで重要な作用は、嗅覚からの香りの情報です。

嗅覚は他の感覚器官と異なり、直接脳の中枢部、大脳辺縁系につながっています。

大脳辺縁系には、記憶に関する器官(海馬)、情動・感情に関する器官(扁桃体)、自律神経、ホルモン分泌、免疫、生理反応などに、関わる大事な器官が集中していて、香りの情報はこれらに伝わります。

アロマテラピーの心理的作用でリラックス、リフレッシュするというのは、香り情報が大脳辺縁系に伝わり、心地よい、不快であるなどの感情に作用する反応を利用しています。

心地よいと感じ、感情が和らぐと、自律神経が整いバランスを取戻していきます。

バランスが整っていくとホルモン分泌も正常に働き、結果的に免疫機能も高まっていきます。

これらは、薬が身体に働く方法とは違い、香りの分子が身体に直接的に働くのではありません。

「心地よい」という感情反応をもたらすことによって、自己治癒力(自然治癒力)が高まっていった結果なのです。

↑ ページの上へ戻る

意外と知らないアロマテラピーの正しい使い方

アースシオン 正しい精油の使い方 画像
アロマテラピーで使う精油の正しい使い方知ってますか?
自然のものだから安全 → NG
原液のまま肌に使っている → NG
芳香器に何滴も入れて使っている → NG
乳幼児に使用している → NG
マッサージだけだと思っている → NG

アロマテラピーは、植物から採った精油を使う自然療法です。

人工的なものは危険で、自然のものは安全と思うのは間違いです。

トリカブトという植物は、猛毒を持っていますし、一見、西洋薬より安全そうな漢方薬や生薬も、用い方を誤れば死に至ります。

自然のものの危険性と正しい使い方を知ってこそ、自然の恵みを受けることができます。

精油と思って肌に使っていたものが合成香料だった!? そんな間違いもしたくないものです。

アロマテラピーの正しい方法を学びたい方 → アロマテラピー講座へ

↑ ページの上へ戻る

アロマテラピーでストレスケア

アースシオン アロマテラピーでストレスケア

アロマテラピーは心に働きかけ、自然治癒力を高めていくスイッチの役割となります。

施術中、ウトウトと眠くなるのは、休息の自律神経である副交感神経が働き、上質な休息を得られるからです。「眠ってしまってもったいない」と言う方もおりますが、この贅沢な眠り(休息)こそ究極のリラクゼーションなのです。

現代人は忙しすぎたり、わずらわしい人間関係で肉体的にも精神的にもストレス疲労度が高いです。

このような生活を送っていると、自らの心身を自動的にコントロールする自律神経では、闘争の神経と言われる「交感神経」が長時間働いているといえます。

交感神経が働きすぎると、休息の神経である副交感神経とのスイッチが上手く働かず、頭が冴えすぎて眠れなかったり、ピリピリして疲れが取れなくなったりします。

ストレスは万病の元と言われています。

ストレスをなくす事はできなくても、悪いストレスを上手く解消する事で、日々の健康バランスを保つことにつながります。

香りを使うだけで悪いストレスと上手くつきあう。

ストレス社会といわれる現代こそ、この先人の知恵を活かすチャンスではないでしょうか。

アロマテラピーをもっと知りたい方 → アロマテラピー講座へ

↑ ページの上へ戻る